月礼拝の満月ヨガ

仙台市泉区でヨガクラスを開催している、仙台ヨガ部のHirokoです。子連れオッケーのヨガを中心に、女性のライフスタイルに合わせたヨガを開催しています。


今週の将監でのママヨガ、満月の日でした。
平成最後の満月、なんて言われたりしていたそう。流派によっては、満月と新月の日は練習をお休みすることも。しかし、Hirokoヨガは、前々からこの満月にヨガクラスを開催できるのが楽しみでした。満月だからこそできるヨガをしたい!満月といえば、『月礼拝』だ!!

というわけで、4月のテーマ『グラウンディング』に加えて、月礼拝を楽しみました。
ヨガでは太陽礼拝のほうがメジャー。その姉妹シークエンスは月礼拝。それぞれにはこんな特徴があります。
【太陽礼拝】

エネルギーを上げていく、力強いシークエンス

程よく筋肉をつけていくポーズ

前後の動きで構成

朝に向いている

男性的


【月礼拝】

リラックスしながら行うシークエンス

左右、横の動きで構成

静かでどっしりとしていて、ゆっくり

夕方~夜に向いている

女性的


私自身、練習の多くは太陽礼拝です。ですが、改めて月礼拝の女性的なエネルギーに魅了されています。

ヨガは男性の体をベースに作られたもので、やはり女性が同じように行うには難しい一面があるように思います。もちろん、太陽礼拝のようなエネルギッシュなシークエンスが必要な時もあるのですが、バランスをとるためにも、月礼拝は女性にとっては大切だなぁと思いました。


静かで、低エネルギーのようだけれど、瞑想的。

どっしりと根っこが生えるような土台の安定感。

ゆっくりと包容力のあるような、そんな月礼拝。


また敢えて、満月の日にヨガクラスを開催したい。いいぞ、月。

私たち女性は、月のエネルギーを味方につけて、生き生きと生きたいものです。






私のクラスの様子、いつもこのがっせきのポーズ(バッダコーナアーサナ)。

なぜなら、クラスの後半にやるこのポーズまで、写真を撮ろう!という余裕がゼロなんですぅぅ・・・・。必死すぎ。赤ちゃんの抱っこに、子供たちとのおしゃべり、インストラクションに、ポーズのサポート。こんなバタバタした先生ですが、決してがっせきのポーズしかしないわけではないので、是非一緒にヨガしにきてください。


次回は、

5/14(tue) 10:00~11:30 将監西コミュニティーセンターです。


仙台ヨガ部

仙台市宮城野区、泉区にて、ベーシックなハタヨガ、骨盤調整ヨガ、子連れOKヨガ、マタニティヨガ、ベビーヨガセラピー 女性のライフステージに沿ったヨガを提案します。