結婚式 と 旦那と息子

結婚式に参列するために、東京へ行ってきました。

東京にいたときのヨガの生徒さんが呼んでくれました。

先生になりたての私を、温かく見守ってくれた生徒さんの1人。

人生の一大イベントに、私を呼んでくれたこと。しかも遠方。

嬉しくて嬉しくて。

仙台にも遊びに来てくれたことがあり、離れていてもつながり続けることができる人です。

同じクラスに通ってくれていた生徒さんも参列しており、久々の再会に幸せでした。


結婚式っていいですよね~。

チャペルに入場してくるだけで、ダーっと涙が出てきます。

これまでの彼女のことを知っている分、想いもひとしお。

旦那さんの彼女に対するひとつひとつの行動に、愛を感じて、ほっとしました。



美味しいお料理

息子を追っかけまわさず、こんなにゆっくりいただけるなんて、嬉しすぎる・・・・



スイーツメーター振り切れそうでした。

ご両親の嬉しそうな顔やお友達の言葉、愛に包まれた空間と時間に浸りました。



私が1人で東京へ行けたのは、息子を旦那さんに見てもらったから。

これ文章にするとフッツーなんですが、丸一日預けるのは初めて。

19時に披露宴が終わるので、それから帰ると22時過ぎるのは確実。

ハードルは、寝かしつけ。これまで成功したことがなかった。

旦那さんにとってはチャレンジの1日。

離れていても、やはりソワソワな私。

泣いてないかなぁ、お昼寝できたかなぁ、お昼ごはんは何食べたかなぁ・・・・

旦那さんから送られてくる写真(公園で遊んでるの図、〇亀製麺でお昼を食べてるの図)に、ほっ。

次第に近づくネンネの時間。

披露宴終了も予定より長引き、私一目散に会場を後にしました。

大荷物で長いエスカレーターを駆け上がり、久々の東京に太ももがヒィ~・・・。

東京に住んでいたとはいえ、この表示に心底ほっとする私。

ここは、もう私のホームなんだなぁと感じました。

改札通るとき、まぁまぁな声で「ただいま~」と言ってしまった。



息子は1日遊びまくって、相当疲れたらしく、心配していた寝かしつけも苦労なくクリア。

そのまま旦那さんも寝落ちる、という宣言メールを最後に、旦那さんと息子の1日は終わりました。

私が帰宅したのは、23時過ぎで、出番はナシ。

眠くて仕方なかったのに、何だか幸せな気持ちがあふれてきて、静かに座って、今日会った大学時代の友達、ヨガの生徒さん、結婚式でお話した人、1日頑張った旦那さんと息子の顔を思い浮かべて、みんなが愛おしく、たくさんの愛で満たされました。


次の朝、旦那さんは、昨日の出来事を嬉しそうに、まるで小学生男子のように話してくれました。その日の2人は、これまでよりも絆が深まっているようで、私よりも父ちゃんっ子。


その次の日、旦那さんからのメール

「一緒にしっかり過ごして、ホント楽しかった。ひろこの苦労がより分かったかな。」

体力的にしんどいこと

相手をしていると、家事ができないこと

息子のご飯の準備と大人のご飯の準備

なんかが大変だと感じたよう。


仕事から帰ってきた旦那さんは、息子のことが

「気になってしょうがない。元気にしてるかなぁ~って」

と言いました。これまでも気にしていたんだろうけど、きっとこれまでと少し違うんだと思う。

そして、

「『彼女』みたいな存在なのかなぁ」

とまで言いやがりました。男同士ですけど・・・。


2人にとってのチャレンジは、新しい関係を築くことができたよう。

家族の中で、ぐるぐると良い循環が起こっているような、そんな気がします。

またお願いしちゃおっかな~♪


仙台ヨガ部

仙台市宮城野区にて、ベーシックなハタヨガ、骨盤調整ヨガ、子連れOKヨガ、マタニティヨガ、ベビーヨガセラピー 女性のライフステージに沿ったヨガを提案します。