主語を「私」に変えてみた

最近の息子、ちょっと気に入らないとモノを投げる・・・・。

レールをつなげていたけどうまくつながらない→レールを投げる

電車の連結がうまくできない→電車を投げる

クレヨンが箱にうまくしまえない→クレヨンを投げる


ってな具合。そのあと、泣きながら駆け寄ってきて「抱っこ~~~~」となるわけですが、こっちとしては、「あ~よしよし」みたいな気持ちにはとてもなれなくて、抱っこする気が起きない。だって、投げてほしくない、おもちゃ。


モノを投げられるとついつい言いたくなるのは、「投げる=ダメ」ということ。
「なんでそんなことするの?」

「なんで投げるの?」

「おもちゃ投げるなら、もうおもちゃいらないんだね!」

「もうおもちゃ買ってあげないからね!」


こんなことを言って、モノを投げなくなるか、というと・・・・そうじゃない。
次の日もまた投げる、投げる、投げる・・・・・・

全然伝わってない。はぁ・・・・。


そこで言い方を変えてみる。

投げて終わるまで待つ。それから、

「レール投げたら、レール上手につながる?」

「クレヨン投げたら、クレヨン箱に上手にしまえる?」

と聞いてみる。

すると、泣きながら、「投げてもできない~~」と理解はしている。
「じゃあ、投げるのやめようよ。投げられたおもちゃ拾ってきてあげて。痛かったよ~。」
「ごめんね~おもちゃ、〇〇くん、乱暴だからもう遊びたくなくなるよねぇ・・・・」

などなどしゃべり続けていると、しばらくたって拾いにいくときもある。


しか~し!!!今日は、主語を変えてみた。

「母ちゃん、おもちゃ投げられたら困るんだよ。おもちゃ壊れたらもう〇〇くんに買ってあげられないもん。〇〇くんがもうおもちゃで遊べなくなるなんて、母ちゃん困るなぁ。悲しいなぁ。」
すると、泣きながら私にしがみついていたのに、一瞬泣き止んで「え?母ちゃん困るの?」的な顔で私を見る。お????なんだ???こっちがビックリするやないか。調子に乗ってたたみかける。

「母ちゃんを困らせないでほしいなぁ。拾ってきてあげてよ~。拾ったら、歯磨きして抱っこでネンネしにいこう~」

すると、これまでで一番早い立ち直りを見せ、拾いに行ったのでした。


これまで何度か、主語を「I」にするっていうのは聞いたり見たりしていました。
「どうして(あなたは)お片付けしないの?」→「母ちゃんはきれいなお部屋がいいなぁ」

「どうしてオシッコ言わないの?」→「オシッコ出るとき言ってくれると母ちゃん嬉しい」

など、日々の声がけの中で変えていけることはあるなぁと思います。
実践してみると、息子の反応にこちらがビックリ、今度はどんな反応するんだろう、とワクワクします。おもしろいですね~。

仙台ヨガ部

仙台市宮城野区にて、ベーシックなハタヨガ、骨盤調整ヨガ、子連れOKヨガ、マタニティヨガ、ベビーヨガセラピー 女性のライフステージに沿ったヨガを提案します。